レディー

たるみは治療で改善できる|過去に戻らないためのワンステップ

頬のリフトアップの治療法

カウンセリング

頬のリフトアップを目的とするたるみ治療には、外科的治療のフェイスリフト手術や、レーザー治療などの照射系の治療などがあります。これらの治療法の他にもボトックス注射などのプチ整形もあり、患者は自由に治療法を選択できます。たるみ治療を選ぶ際には、治療法によって効果の持続性や料金が違ってくるため、よく検討してから治療を受けることが大切です。しっかり検討しないと、想定していた効果が得られなかったり、予算オーバーになることもあるので、十分な注意が必要です。一般的に美容整形は料金が高くなるほど効果の永続性も長期に及ぶので、永続的な効果を得たい人は、料金が高い治療法を選ぶことが賢明です。例えばフェイスリフト手術やレーザー治療は料金が高めですが、永続的なリフトアップの効果が得られます。ヒアルロン酸注入やボトックス注射などのプチ整形でも頬のリフトアップをすることは可能です。またプチ整形は、フェイスリフト手術や照射系の美容整形と比べると、効果の持続の面では劣ります。しかしプチ整形は料金がとても安いので、比較的抵抗なく受けられる施術となっています。

ゴルゴラインやほうれい線、マリオネットラインなどは、頬のたるみが原因で現れます。頬のたるみは加齢によって深刻化しますが、美容整形外科でたるみ治療を受けることによって、ほうれい線やゴルゴラインを消すことも可能です。例えばゴルゴラインは、美顔器で改善することが難しく、美容整形外科で消す方が多くいらっしゃいます。美容整形外科の照射系の治療法にはウルセラやサーマクールなどがありますが、ゴルゴラインの解消にはサーマクールが適しています。このサーマクールは、医療用のラジオ波を照射することによってゴルゴラインを除去します。またゴルゴラインだけでなく、ほうれい線やマリオネットラインの解消にも優れた効果を発揮し、あらゆるたるみ治療に有効です。それからウルセラは、超音波をピンポイントで肌の奥深くまで照射する治療法で、特にほうれい線の除去に優れています。